ペニス炎症 オロナイン

むやみやたらにオロナインを陰部に塗ることは危険?

ペニス炎症が見られる時には、当然不安になるものです。

そしてオロナインを使って改善しようと考える方もいるはずです。

しかし、もしも性病だった場合は取り返しのつかない事になりかねません。

ペニス炎症が見られる時にオロナインを使うのはリスクがある事をしっかり認識した方が良いでしょう。

まずはペニス炎症が見られる時にオロナインを使ってはいけない理由を知る事に大きな意味があります。

ペニス炎症が見られる時には亀頭包皮炎を疑うのが基本となります。

亀頭包皮炎はカビとバイ菌の勢力バランスは崩れてカビだけがドンドン増殖する事で悪化していきます。

市販の薬を使っても、バイ菌の炎症を抑える為の治療薬である為、カビであるカンジダ菌には効き目がありません。

むしろばい菌を殺してしまう為、悪化してしまう原因になります。

亀頭包皮炎であるのなら、オロナインや水虫の薬を塗るのが基本となります。

軟膏を毎日使って治るのなら手っ取り早いものの、逆効果になる可能性についても考えないといけません。

そして性病であるかどうかの判断もオロナインでのケア以上にしないといけません。


血圧を下げる一覧【食べ物や方法】20mmHgの効果

オロナインで痒みや炎症が治まっても病院に行く

オロナインだけでなく性病であるかどうかのチェック方法としては、病院の泌尿器科に行く事や検査キットを使って自宅で調べる方法があります。

相手が医師であったとしても、人に性器を見せるのは抵抗がある方もいるでしょうし、薬局で買えるもので済むならと思う男性も多いでしょう。

そういった方は検査キットを使ってオロナインは調べるのが良いでしょう。

すぐに性病であるかどうかをチェックできます。

ペニス炎症が見られる時に自分でオロナインで治す事ができるものの、それはあくまでも言うなれば条件付きです。

クラミジアや淋病さらには性器ヘルペスの可能性がある事を忘れてはいけません。

性病の中でもメジャーな病気となるのが市販の薬では効かないクラミジアです。

ペニスの腫れや赤みがある場合はこのクラミジアを疑うのが基本です。

不妊やEDになる恐れもある為、早めに発見しての治療が望ましいです。

淋病もクラミジア同様、ペニスの腫れや赤みを引き起こす特徴がありますがオロナインではどうにもならないこともあります。

ペニスが赤く腫れるとともに、膿が出るのなら性器ヘルペスを疑わないといけません。

ペニス炎症が見られる時には、こういったオロナインでは効かない性病の可能性も十分にあります。

だからこそ、まずは検査キットか泌尿器科に行って性病であるかどうかのチェックをしないといけません。

性病の場合オロナインをペニスの炎症に塗っても感染は防げない

性病の感染ルートとしては、恋人やセフレといった身近な方が非常に多いという事実がありますが、この場合はクリームの塗布ではどうにもなりません。

不特定多数の方と性行為をしていないにしても、オロナインが効かない性病は潜伏期間が長くなり、身近な方に移されてしまったというケースは少なくありません。

性病を市販薬で治す事ができるのなら、これ以上の事はないと思うはずです。

しかし、一時は治ったにしても、その後再発してさらに悪化してしまう事もオロナイン軟膏では効果がなく、これから十分に考えられる事です。

多用して使うのはこういったリスクがある事を覚えておいてください。

不特定多数の方と性行為をしているのなら、特に注意しないといけません。

何が原因でペニス炎症が見られるのかをまずは知る事に大きな意味があります。

そしてその原因が分かったのなら、何が適している対応であるかも考えないといけません。

オロナインを使うのは決して適している対応ではありません。

100%効果がないとは言い切れないものの、さらにオロナインよりも適している対応があるのが事実です。

ペニス炎症が見られる事でパートナーの女性に性病を疑われてしまう事に繋がります。

そして不特定多数の方と性行為をしている事も疑われてしまい、何一つ良い事がありません。

だからこそ、オロナインだけでなく早期改善を心がけるようにするのが基本となります。

亀頭包皮炎や様々な性病など、可能性があるものに関しては全て模索しないといけません。

性病ではないという事を知るのは、気持ち的にも安心するもので、まずはオロナインではなく性病であるかの特定が肝心と言えるでしょう。