ペニス炎症 水ぶくれ

水ぶくれがペニスにできたら延焼していなくても病院で治療へ

突然水ぶくれで腫れたペニス炎症の状態になると当然驚かれるはずです。

このような悲惨な状態で考えられるのはカンジダ性亀頭包皮炎や性器ヘルペスウイルス感染症です。

まずは当然このカンジダ性亀頭包皮炎や性器ヘルペスウイルス感染症とはどういった特徴があるのかを知る事が大切です。

そして水ぶくれはその上で何をしてはいけないのかを知った上での対応をすべきです。

まずカンジダ性亀頭包皮炎のカンジダはカビや真菌です。

人間の体は水ぶくれが起きる時は動物細胞の集合体である多細胞生物です。

そしてカビや真菌を拒絶することはできず、カビや真菌に対して免疫を持っていません。

人間の体には無数のバイ菌とカビとウィルスが形成しており、微妙なバランスで拮抗して安定しています。

何らかの原因でこのバランスが崩れ、秩序の乱れを体が完治して水ぶくれや炎症を起こします。

そうなるとバランスが崩れている間は炎症が止む事はなく、どんどん炎症が悪化していきます。

カンジダというカビが原因のカンジダ性亀頭包皮炎には、3つのタイプがあります。

亀頭表面が乾燥するタイプ、亀頭環状溝に白いカスがたまるタイプ、または亀頭の皮膚表面に赤い点々や水ぶくれが出るようなタイプです。

水ぶくれは性器ヘルペスウィルス感染症で炎症などの症状も

水ぶくれやカンジダ性亀頭包皮炎である時にやってはいけないのが、手で一生懸命男性器を洗う事です。

石鹸やボディーソープで洗っても、カンジダ菌は取れず、ばい菌のみがいなくなってカンジダ菌は確実に残ります。

カビとバイ菌の勢力バランスは崩れ、水ぶくれもカンジダ性亀頭包皮炎は一層悪化してしまいます。

お湯でサッと洗う程度にするのが望ましいです。

そして薬局などで購入する専用の市販薬を使う事や病院で処方された薬を使って改善すべきです。

性器ヘルペスウイルス感染症にも水ぶくれで腫れたペニス炎症が見られるといった特徴があります。

性器ヘルペスウイルス感染の発症するパターンは3つに分けられます。

急性型の場合は水ぶくれや潰瘍が多数出現します。

そして強いかゆみや痛みあるいは太もものリンパ節の腫れさらに、いずれは発熱や全身倦怠感などの症状が出る特徴があります。

誘発型の場合は急性型に比べると比較的症状は軽く、治療期間も短いもののです。 このように高齢者や免疫不全の病気にかかっている場合は、重度の症状が出る事もあります。

水ぶくれも再発型は免疫力が低下する事が原因で発症します。

再発を繰り返すたびに水ぶくれの症状は軽くなっていきます。

皮や太ももなどにペニスの水ぶくれや炎症が移ることもあります

男性の水ぶくれの場合は包皮、亀頭おしり、冠上溝、太ももなどに症状が出ます。

この性器ヘルペスウイルス感染症は完全に痕跡をなくす事はできません。

しかし、抗ヘルペスウイルス薬の服用で、ウイルスの活動や増殖を抑える事ができます。

当然治療が早ければ灰程症状は軽く済みます。

そして、ペニス炎症の水ぶくれはその上で性器ヘルペスウイルス感染症の感染防止を心掛けないといけません。

性器ヘルペスウイルス感染症の疑いがあるのなら、性行為をしないのが基本です。

コンドームの着用だけでは単純ヘルペスウイルスに水ぶくれが全く触れないようにするのは難しいです。

そしてご家族やパートナーとタオルを共有しない、洋式トイレを使用した後は消毒用エタノールで拭く、更に倦んで悪化した感染部位に触った手は、絶対にすぐに洗うといった事が感染を防ぐ大きなポイントになります。

また、予防をする為には、免疫力を低下させない事を心掛けないといけません。

規則正しい生活習慣を身に着けるのはもちろん、水ぶくれは適度な運動を行う事や十分な睡眠をとる事も大切です。

バランスの良い食生活を送る事やストレス発散方法を見つけるのも重要です。

性器ヘルペスウイルス感染症は様々な理由でペニス炎症のが再発するものであり、一度、水ぶくれを発症した方は特に注意しないといけません。

水ぶくれになった性器ヘルペスウイルス感染症は早期発見早期治療が非常に大事であるとともに、感染防止や予防も強く意識した方が良いでしょう。