ペニス炎症 ミミズに小便

ミミズに小便は迷信や言い伝えではなく本当にペニスの炎症がある?

子供の頃にミミズに小便を掛ける事でペニス炎症に繋がるというのは、聞いた事がある方も多いです。

しかし、なぜこのような結果に繋がるのかという理由については知らない方も多いはずです。

そしてこのミミズに小便を掛ける事でペニス炎症に繋がるのは本当か嘘かといったところも気になる部分でしょう。

結論から言えば、これは単なる迷信ではなく、しっかりとした因果関係があります。

ただ、当然全員に当てはまる訳ではなく、これが迷信と思われる要因となっている部分があります。

まず、種類によっては強い毒性があります。

強い毒性を持つタイプに小便を掛けて刺激する事で、体液を結構な高さまで噴射する事があります。

そしてその皮膚に炎症尾起こす毒を飛ばす体液がかかる事で病気に繋がるというものです。

また、直接その体液がかからないにしても、土を触った手で用を足し、間接的に触れる事が病気に繋がるという部分もあります。

そもそもミミズに小便を掛けるとなると、大人では子供のはずです。

子供の場合はペニスの位置が低いからこそ、液体がかかりやすくなります。

その為、大人がミミズに小便をかける事でペニス炎症になったという話はあまり聞かないはずです。

このような悪戯は子供である事と、そしてそれまでに土を触っている事が大きなポイントです。

ミミズに小便を掛けなくても土がついた手で触るとペニスの炎症に?

毒を触った子供が丁寧に手を洗わずに小便をし、手から感染すると言うケースもあります。

ただ当然ミミズに小便を掛ける事で必ずしもペニス炎症に繋がるという事ではなく、最悪のケースとしてあくまでもこういった一例が既にあるという事です。

小さい子供に悪いことをする事で、ばい菌が入って腫れるという分かりやすく教える先人の知恵というような部分もあります。

当然一例でもあるのなら、親として子供にこういった可能性があるという事を言う事ができます。

要は、外で遊んだのなら、ちゃんと手を洗いなさいという事を伝えたいものです。 実は親も本当にミミズに小便を掛ける事でペニス炎症に繋がる事はあまり知らなかったケースも多いです。

確かにミミズに小便を掛ける事でペニス炎症に繋がる事での因果関係はあるものの、それはあくまでも生物である種類によります。

強い毒性を持つミミズであるかどうかは、当然肉眼では判断できるものではありません。

嘘ではない?ミミズに小便でペニスが炎症する実験の結果

ある大学ではシーボルトミミズが液を噴射する映像を撮ることに成功し、からしの液を手に付けて塗ったところ、見事に噴射しました。

体中から噴水のように液を出しているのが見事にとらえられており、噴射しているの は背側の背孔の場所からでした。

刺激した場所を刺激した順番に出していたというのが特徴的です。

この映像がある事でシーボルトミミズが液を噴射することは誰も疑わなくなります。 他の大型のも噴射するのが分かっています。

状況証拠となるものは多々あるものの、確実にペニス炎症に繋がるという事ではないとともに、種類によるものであるのが、迷信と決めつけている方が多い理由になるでしょう。

雑菌が尿を伝わってペニスに付くかも知れないという説と、田畑に養分を与えるミミズへの尊敬と感謝に由来する迷信とする説の2つの説があります。

因果関係はあるものの、ほとんどの後者の説を有力としているはずです。

ただ、ミミズに小便を掛ける事でペニス炎症に繋がった事実がある事を忘れずに覚えておいてください。

そしてこの2つの説をどのように解釈するかは人それぞれです。

特にまだミミズに小便を掛けると危険だよと小さな子供に伝えると、当然子供は親の言う事を鵜呑みにする為、うまく利用している親も多い事実もあります。