ペニス炎症 カンジダ

カンジダでペニスの炎症になると女性にすぐにうつる?

カンジダ症などの性病では、ペニス炎症が見られるといった特徴があります。

そして、この病気ともう一つ疑わないといけないのがインキンです。

あまりカンジダ症とインキンの違いについて知らないという方も少なくないでしょう。

確かにペニス炎症が見られるという共通点はあるものの、全く異なるものであるのが事実です。

一般的にはカンジダ症とインキンの違いをしっかり知り、ペニス炎症が見られる時に適切な対応をする事が大きなポイントになります。

双方の共通点となるのが病原菌の一種が真菌というカビである点です。

しかし、発症する真菌の種類が異なります。

カンジダ症を発症するのはウィルスである一方、インキンを発症するのは白癬菌です。

白癬菌は強力な感染力を持っているのが特徴的です。

フローリングで行うスポーツで、大量に水虫が流行ってしまう原因の一つがまさに白癬菌です。

このようにウィルスは白癬菌程の強い病原性を持ってはいません。

カンジダ症を発症している人と通常通り生活を共にした場合でも、直接移ってしまうケースは非常に少ないです。

それを踏まえるとカンジダ症とインキンは発症すると強烈なかゆみに襲われます。

インキンの場合は性器周辺に強いかゆみを伴うという特徴があります。

カンジダは炎症だけでなくペニスの痒みも併発

このようにカンジダ症の場合も同様に性器周辺に強いかゆみを感じ、男性の場合は性器の先端です。

男性がカンジダ症に感染してしまうと、ペニスの先端、尿道近くから白いカスのようなものがペニス炎症ので出てきます。

ただし、膿みが出るわけではありませんので、患部も見た目も大きく変わってきます。

このように、病原菌の種類が変わるだけで、症状も異なってくるのです。

万が一の対処法となるのが、病院へ行く事や自宅で検査キットを使って検査をする事です。

いち早く陽性であるかどうかを知る事が大切になってきます。

基本的なカンジダ症の予防法としては、コンドームの着用です。

そして、パートナーの女性がいる方でペニス炎症の再発を繰り返す場合は、その相手のパートナーの女性にも定期的に検査をこれから、すすめるようにすべきです。

また、免疫力の低下に繋がる要因を取り除くようにしないといけません。

カンジダでのペニスの炎症に効果のある市販薬や抗生物質は?

抗生物質やステロイド外用剤の濫用といった薬物の使用はカンジダにはもちろん、不潔や肥満や糖尿病なども該当します。

インキンの場合は抗真菌作用をもつ塗り薬をつければ、十分に改善が見込まれます。

しかし、カンジダや白癬菌が髪の毛や爪にも寄生している場合に関しては、飲み薬を飲まないとペニス炎症のが治らない事もあります。

飲み薬は全ての白癬に有効であるものの、副作用や他の薬剤との飲み合わせを考えないといけないといった問題があります。

インキンは再発を繰り返す特徴がある為、カンジダも3〜4週間程は様子を見つつ塗り続ける必要があります。

ペニス周辺は白癬菌にとって繁殖しやすい環境です。

その為、常に陰部を清潔に保つことも大切となります。

インキンは病院に行っての治療ができるとともに、市販薬を使う事によっても治療がすぐにできます。

かゆみ止め成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩、ジブカイン塩酸塩、クロタミトンに加え、優れた殺菌力があるブテナフィン塩酸塩が配合されている商品があります。

医師であっても、あまり見られたくないと考える方は、カンジダに市販薬を使う事を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

カンジダ症にしても、インキンにしてもペニス炎症が見られるといった特徴があります。

予防をするのなら清潔を心がけるようにするのが望ましく、普段の生活を見直さないといけない方は決して少なくありません。

インキンの場合は不特定多数の方が集まるスポーツセンターやホテルの浴場のこしかけあるいは洋式トイレなども、感染源になる事を注意しないといけません。

カンジダ症とインキンは症状自体は似ているものの、全く性質が異なるものである事をしっかり覚えておいてください。