ペニス炎症

ペニスの炎症は放置することで一大事を招きます

男性器は言うまでもなく、ペニスの炎症でなくても人体において非常に大きな意味を持ち、そしてデリケートなパーツです。

その男性器にペニスの炎症の異変があるとなると、これは大変な事です。

ペニス炎症や皮の痒みが治まらないという方もいるでしょう。

このペニス炎症や皮の痒みが治まらない場合は、亀頭包皮炎を疑うのが基本です。

まずは当然亀頭包皮炎とは何かを知らないといけません。

亀頭包皮炎は簡単に言えば、ペニスの炎症の事です。

性器の病気ではあるものの、性病という訳ではありません。

そして亀頭包皮炎には種類があり、カンジダが原因のカンジダ性亀頭包皮炎と細菌の感染が原因の細菌性亀頭包皮炎です。

成人男性に多いのはカンジダ性亀頭包皮炎です。

カンジダ亀頭包皮炎の特徴としては、亀頭から痒みやヒリヒリとする痛みが発生するとともに、恥垢やブツブツまで陰茎の炎症から出るようになります。

亀頭包皮炎の原因菌であるカンジダはカビの一種に属する菌です。

このカンジダは人の体に害を与える事なく、ペニスの病原体の侵入を防ぐ働きをするものの、免疫の働きが弱くなった時などに異常増殖し、痒みや慣れなどの炎症を起こす事があります。

そしてもう一つのペニスの炎症の原因の雑菌には、黄色ブドウ球菌や大腸菌などがあります。

皮膚に潤いを保つ働きや体の外敵から守るバリア的な働きをするものの、ペニスのカンジダ同様に抵抗力が弱くなった時に増殖しやすいです。

清潔に洗っていてもペニスの炎症はおきます

このペニスの亀頭包皮炎の原因は多岐に亘っています。

まず不潔な状態である事が原因になる事があります。

細菌にとっては住みやすい環境である不潔な男性器だと、老廃物や付着した尿などを栄養としてどんどん増えていきます。

そして男性器の表面に傷ができているのなら、ペニスの炎症は汚れた状態の手で触るなどして細菌に感染してしまう事もあります。

性行為や自慰行為をする事で男性器の表に傷がついて、そこから菌に関して亀頭包皮炎を発症する事もあります。

性行為を行った後に長時間洗わず放置していると、陰茎の炎症だけでなく感染してしまう可能性が高まります。

また、洗い過ぎも亀頭包皮炎を発症する一つの原因となります。

普通はペニスの炎症はボディーソープや石鹸などで洗う事によって細菌を洗い流す事ができるものの、これはあくまでも普通の細菌であり、カビの仲間のカンジダには効果がありません。

カンジダは皮膚に根をはるように住み着いているからこそ、洗っても取れないという特徴があります。

ばい菌だけがいなくなって、カンジダは残る事になります。

そしてカンジダとバイ菌のバランスが崩れる事で、ペニスの炎症やカンジダはさらに増殖していきます。

ペニスの包皮は普通の皮膚より薄く弱いからこそ、強く洗うと簡単に傷ができて菌が感染しやすくなる事も大きいです。

痒みだけでなくペニスの炎症に効果のある市販薬は?

当然亀頭包皮炎の疑いがあるペニス炎症や皮の痒みが治まらないのなら、治療をすると考えるのが自然です。

しかし、男性器を見られるのが恥ずかしいという気持ちがあって、中々ペニスの炎症を専門家に診てもらう事ができない方もいるはずです。

たとえ同性の医師であっても、嫌な気持ちは少なからずあるでしょう。

できる事なら、自宅での治療でペニスの炎症を改善したいと思うのはいたって普通の考えです。

その為の方法としては、専用の市販薬を使う事です。

亀頭包皮炎に優れた市販薬を使う事によって、陰茎の症状を軽減できてそして完治へと導く事ができます。

カンジダは石鹸では殺菌できない種類のもので、専用の薬を使わないといけません。

何の地域もない方は、当然ごく自然に石鹸やボディーソープで洗ってしまうものの、これは良い対応ではありません。

専用の市販薬を使う事が自宅でできる治療法の基本となります。

購入にあたっては通販を利用するのがペニスの炎症におすすめです。

ペニスの炎症に効果のある殺菌クリームを通販

通販なら誰にも知られずに専用のペニスへの市販薬を購入する事ができます。

通販で購入できる商品の中には、全額返金保証を採用しているものもあって、試しやすいのが嬉しいポイントです。

原因菌を殺菌して炎症を抑える効果がある為、試してみるだけの価値は大いにあります。

症状が軽い場合は、亀頭包皮炎は自然治癒する事もあるものの、放置して悪化してしまう事もあるのが事実です。

悪化してしまうと簡単なペニスの治療では改善できないレベルとなってしまい、嫌であっても病院での治療を選択しないといけなくなります。

だからこそ、迅速な対応が大きなポイントになってきます。

この迅速な対応は何も病院に足を運ぶ事だけでなく、自宅で専用の市販薬を使う事も迅速な対応にあたります。

雑菌が原因の場合は抗生物質を含んだペニスの塗り薬やクリームを用いるのがベストです。

カンジダが原因の場合は抗真菌薬の軟膏やクリームを用いるのが良いでしょう。

あくまで応急処置だけにしペニスの炎症の治療方法は病院で

亀頭包皮炎は一度完治したからと言っても、完全に安心できる訳ではありません。

ペニスの炎症が再発する可能性がある事を忘れてはいけません。

亀頭包皮炎であると判断した時に専用のペニスの炎症の市販薬を使う事や病院に足を運んでの治療を受ける事も大事です。

そしてもう一つ大きなポイントになるのが、亀頭包皮炎を予防する事です。

何度も再発をしてその都度治療するよりも、陰茎は当然そもそもの原因である亀頭包皮炎にならないようにするのが望ましいのは言うまでもありません。

その為の方法の基本となるのが身体を清潔に保つ事です。

亀頭包皮炎は不衛生な環境によって起こる事もあるのが特徴的です。

身体を清潔にする事は、予防として非常にペニスの炎症に大切な事です。

過度に身体を洗い過ぎない事も重要になります。

包茎はペニスの炎症が起きやすいので手術するべき?

清潔にする事を意識すると同時に、ペニスの炎症はこの過度に洗い過ぎない事も意識しないといけません。

洗い過ぎる事で、亀頭包皮炎が悪化する事もあるのが事実です。

やさしく洗う事を心がけるのが良いでしょう。

そして何度も炎症を繰り返すのなら、包茎手術を受ける事を視野に入れるのがおすすめです。

男性器が包茎の状態である事は、湿りやすい事に繋がります。

ペニスの炎症は湿気が多い環境がカンジダや雑菌が増えやすい状況つくりにプラスになっている部分があります。

湿気は汗のみならず、尿が包皮と亀頭の間に入り、そのままに放置されて炎症が起こる事もあります。

子供のペニスにも亀頭包皮炎が多く見られるのは、包茎である事も大いに関係しています。

もちろん、包茎でない方が亀頭包皮炎になる事もあるものの、陰茎の炎症は包茎の方が亀頭包皮炎になる事の方が多い事実があります。

包茎を改善する事で炎症の発生にプラスになります。

再発を繰り返す事でペニスの皮膚が弱くなり、そして炎症が慢性化してしまって治りにくくなるという悪循環に陥ってしまう危険性があります。

パートナーの女性にペニスの炎症は嫌がられる?

亀頭包皮炎は決して珍しいものではなく、ペニスの炎症は一般的なものです。

しかし、ペニスはデリケートな部分である為、中々人に相談しにくく、そして受診する事に躊躇いを感じる方も少なくないでしょう。

だからこそ、まずは自宅での治療を考える方も多いはずです。

専用の市販薬を使う事で、自宅での治療はしっかりできます。

病院に行っての治療はその後であっても決して遅くはありません。

性行為や自慰行為からでも亀頭包皮炎に繋がる事もある為、身近なものである事を意識した方が良いでしょう。

亀頭包皮炎は決して性病ではないものの、陰茎の炎症や皮の痒みといった性病と思われるだけの要素があります。

パートナーの女性にどのように思われてもおかしくはありません。

パートナーの女性と安心して性行為をする為にも、亀頭包皮炎であると思われるのなら放置するのはおすすめできません。

まずは通販を利用し、ペニスの炎症専用の市販薬を使う事を考えてみてはいかがでしょうか。

症状が悪化する前に迅速に対応するのが大きなペニスの炎症のポイントになります。